森口 華弘もりぐち かこう

重要無形文化財

森口華弘(本名 森口平七郎)は滋賀県守山市に生まれる。

大正13年に京都の友禅師三代中川華頓の門人となり伝統的な手描友禅を修めた。

また日本画を疋田芳沼に師事して、創造的な感性の練磨を心掛け昭和14年に独立し友禅工房を営みました。

技法的には伝統的な手描京友禅の糸目糊、堰出しなどの他に漆芸の蒔絵などの美しさからヒントを得た蒔絵技法を開発、独自の味わい深い友禅を完成しました。