由水 煌人ゆうすい あきと

父親・由水十久の感覚やモチーフとは異なり、伝統の加賀友禅の中に現代感覚を取り入れた色彩、図案に新風をおこし、大胆で繊細な着物を創作されます。