大村 禎一おおむら ていいち

学生時代に日本画を学んだことから写生を基とした臨場感のある作品を創り、テーマは光・風・水や野に咲く草花など自然からの感動を得て、単彩ですっきりした感覚の世界をめざしております。

技法は友禅、ローケツ等ですが表現しようとする世界のねらいにより、その併用も多いです。

1943年京都市に生まれる
1966年京都市立美術大学日本画科卒業
1980年日本染織作家展文部大臣賞奨励賞
1981年日本伝統工芸展初入選
1985年日本工芸会正会員認定
1996年日本伝統近畿展日本工芸会奨励賞
1997年彩芸展通産省生活産業局長賞
1999年日本伝統近畿展京都市教育委員会教育長賞
2000年彩芸展通産省生活産業局長賞羽田賞
2001年伝統工芸日本染織展文化庁長官賞現在日本工芸会正会員