西陣 織悦おりえつ

null
大正11年、高尾菊次郎の創業で菊次郎が好み心酔した
本阿弥光悦と織物作り一途の悦びの心境を評し、商号と
して「織悦」と名付けられました。
卓越した感性と独特の色使い、琳派・正倉院文様・中近
東・中南米などの文様を巧みに取り入れ織り上げられた
織悦の帯は、美しさと品質、締めやすさでお客様より
ご評判いただいております。

手にする時ここちよく聞こえる絹鳴りの音や、こしが
ありながら適度にしなるさま。
ほとんどの帯が全通柄になっております。